nobu

記事一覧(23)

まつりごとにはうらがある。

祭りの時期になってきました。日本全国がお祭り騒ぎになって、熱くなる時期ですね!それぞれ地元や今いる街で、昔から伝わる伝統的なお祭りが行われます!ちなみに、私の地元では、大蛇のお祭りがあります。そんなお祭りのお話です。えっ!そうだっんだ…となるお話です。どのお祭りも、奥が深くて、いろいろな意味のあることや、壮絶な事実が隠されているはずです。それを知ってからお祭りに参加したり、観たりする今年のお祭りは、いつもとは違うお祭りになります。大切なことがそこに隠されています。お祭りの意味を知ったあとに、自分が何を感じるのか?試してみてください。今までに感じたことがない、とても重要なことを感じるはずです。ここからは、梅若基徳理事のフェイスブックから抜粋しています。実は日本の三大祭は「怨霊」をお祀りして、鎮める為のものなのです!!菅原道真、 平将門、 そして最強の崇徳天皇。。。次点に早良親王でしょうか。。。その菅原道真、平将門、早良親王を祀った「お祭り(お祀り)」が日本三大祭の天神祭、神田祭、祇園祭という恐ろしさ。。。菅原道真 (すがわらみちざね)天神祭の学問の神様と崇めたてまつられている菅原道真。でも実は、天神(雷神)と学問の神として太宰府天満宮や北野天満宮に祭られている怨霊。道真は、中流の公家に生まれながら、醍醐天皇の父・宇多天皇に重用されて、右大臣に昇進し右大将を兼任、従二位まで昇進する。が、それを快く思わない藤原氏や他の貴族に謀られて大宰府に左遷され、子供四名も流刑にされた。菅原道真の死後、遺体は牛車に乗せられて運ばれることとなりましたが、途中にあった「安楽寺」の前で突然動かなくなります。仕方なくその場に埋めて祠を建てて祀ることにします。これが「太宰府天満宮」のもととなります。

能は「わかんないな〜」と思っていませんか?

 能と言った瞬間、ほとんどの方が、知らないよ。能はわかんないよ。という答えが帰ってきます。 いつからこうなったのかわかりませんが、日本人であれば先祖のみなさんは能のことを知らない方はいなかったのではないでしょうか。 能は少し前(秀吉の時代ですが・・・)知らない人はいないくらいのものでした。というのも、地方の大名の方々と話しをする時に方言がひどくて言葉がわからなかったから能を学ぶことを命じたとか。 聞いた話しによれば、参勤交代で訪れる方々の方言がまったく理解できないなどという題が起こったりしたことが原因だとか。 今で言えば、インスタやFacebookを知らない。と言っているようなものかもしれません。知らないと言っているけど、その存在を知っていることってありませんか?  もしかしたら、ひいおじいちゃんは能の舞や謡をやっていたかもしれません。 そんなことをふと考えてみてると、能面などを見たことがありませんか? 謡も聞いてみると、なんか聞いたことがあるようなリズムだったり。 能の演目も、初めて聞くものではなく、知っていることってありませんか? 例えば、高砂、翁、道成寺。なんか知っているそれ。となりませんか? どんな物語かということはわかりませんが、この漢字とこの発音は聞いたことある方は多いと思います。 実は、能のことを知らないと思っているだけだったりします。 能の演目や能面、言葉など意外に身近なものだったりします。 だんだんと面白くなってきます。この面白いという言葉も実は能なんです。 そんなお話や謡や舞の教室も開催しています。 その他、日本伝統芸術文化財団Facebookにて様々なイベントを開催し紹介しています。 ぜひこれを機会に、思い出してみてはいかかでしょうか? 1日で能のことが理解できるという講座の開催もあります。 「いやでもやっぱり、難しいだろうな・・・」と思っている方へ 先祖の方々が間違いなく仕舞や謡をやっていたはずです。 だから、できないこともないし、わからないなんてことはまずありません。 

波のような無限の広がりと幸せ

青海波(せいがいは)絶えず繰り返す穏やかな波のように、平穏な暮らしが未来永劫続くように。という願いの吉祥文様。この文様よくみかけることがあると思います。 日本人なら一度はみたことがる方は多いのでは?海外の方でもこの文様は有名です。 扇子のようなものが重なっていて綺麗です。 能の装束などいろんなところで使われているデザインでもあります。 この文様にはとても深い意味があるのです。 発祥は古代ペルシャとされていてシルクロードを経て日本に伝わったとされています。 青海波(せいがいは)は雅楽の演目で、名前の由来といわれています。源氏物語ですね。  波のような模様は大海原を現し、幸福を呼ぶ、吉祥模様と言われています。 広い海のような無限な広がりと、平安な暮らしがいつまでも続きますようにという願いを込めたとても縁起の良いものとされています。 伝える。 ”Pass on japan”  西宮能楽堂の開館記念の手拭には世界へ伝統芸術をもっと多くの方へ伝えるという想いが込められています。 海を渡り、想いが世界に広がっていき未来永劫すべての人の幸せと平和を願っています。 650年前から同じように進化し続けている能が西宮能楽堂を拠点にし、これからまた、あらたに進化していき穏やかな海の波のように世界に伝えようという強い決意でもあります。