nobu

記事一覧(18)

能は「わかんないな〜」と思っていませんか?

 能と言った瞬間、ほとんどの方が、知らないよ。能はわかんないよ。という答えが帰ってきます。 いつからこうなったのかわかりませんが、日本人であれば先祖のみなさんは能のことを知らない方はいなかったのではないでしょうか。 能は少し前(秀吉の時代ですが・・・)知らない人はいないくらいのものでした。というのも、地方の大名の方々と話しをする時に方言がひどくて言葉がわからなかったから能を学ぶことを命じたとか。 聞いた話しによれば、参勤交代で訪れる方々の方言がまったく理解できないなどという題が起こったりしたことが原因だとか。 今で言えば、インスタやFacebookを知らない。と言っているようなものかもしれません。知らないと言っているけど、その存在を知っていることってありませんか?  もしかしたら、ひいおじいちゃんは能の舞や謡をやっていたかもしれません。 そんなことをふと考えてみてると、能面などを見たことがありませんか? 謡も聞いてみると、なんか聞いたことがあるようなリズムだったり。 能の演目も、初めて聞くものではなく、知っていることってありませんか? 例えば、高砂、翁、道成寺。なんか知っているそれ。となりませんか? どんな物語かということはわかりませんが、この漢字とこの発音は聞いたことある方は多いと思います。 実は、能のことを知らないと思っているだけだったりします。 能の演目や能面、言葉など意外に身近なものだったりします。 だんだんと面白くなってきます。この面白いという言葉も実は能なんです。 そんなお話や謡や舞の教室も開催しています。 その他、日本伝統芸術文化財団Facebookにて様々なイベントを開催し紹介しています。 ぜひこれを機会に、思い出してみてはいかかでしょうか? 1日で能のことが理解できるという講座の開催もあります。 「いやでもやっぱり、難しいだろうな・・・」と思っている方へ 先祖の方々が間違いなく仕舞や謡をやっていたはずです。 だから、できないこともないし、わからないなんてことはまずありません。 

波のような無限の広がりと幸せ

青海波(せいがいは)絶えず繰り返す穏やかな波のように、平穏な暮らしが未来永劫続くように。という願いの吉祥文様。この文様よくみかけることがあると思います。 日本人なら一度はみたことがる方は多いのでは?海外の方でもこの文様は有名です。 扇子のようなものが重なっていて綺麗です。 能の装束などいろんなところで使われているデザインでもあります。 この文様にはとても深い意味があるのです。 発祥は古代ペルシャとされていてシルクロードを経て日本に伝わったとされています。 青海波(せいがいは)は雅楽の演目で、名前の由来といわれています。源氏物語ですね。  波のような模様は大海原を現し、幸福を呼ぶ、吉祥模様と言われています。 広い海のような無限な広がりと、平安な暮らしがいつまでも続きますようにという願いを込めたとても縁起の良いものとされています。 伝える。 ”Pass on japan”  西宮能楽堂の開館記念の手拭には世界へ伝統芸術をもっと多くの方へ伝えるという想いが込められています。 海を渡り、想いが世界に広がっていき未来永劫すべての人の幸せと平和を願っています。 650年前から同じように進化し続けている能が西宮能楽堂を拠点にし、これからまた、あらたに進化していき穏やかな海の波のように世界に伝えようという強い決意でもあります。